移転祝いと聞いた場合、多くの方が規模の拡大など良いことが理由であると考えるかもしれません。しかしながら、本当のところは分かりません。もしかしたら、規模の縮小などあまり良いとは言えない理由があることも考えられます。こういった時は、安易に移転祝いを贈ると悪く受け取られてしまうことも考えられます。ですから、こういったことがないように、まずはどういった背景があるのかを確認してから移転祝いを贈るかどうか判断するようにしましょう。贈ることを決定したら、次は贈るタイミングについてです。

移転祝い移転祝いは、移転後業務が開始してすぐくらいに贈るのがオススメです。理由は、あまり早すぎると準備や片付けなど慌ただしい中贈ってしまうことになる為、迷惑に受け取られてしまうことも考えられるからです。また、何らかの理由で予定が狂い、移転していないうちに届いてしまった場合も双方が困ってしまいます。また、やはりあまりにも遅すぎてしまうのも避けたいところ。

ですから、贈るタイミングは慎重にしましょう。業務がスタートしてから、10日~2週間以内に届くようにと思っていると良いでしょう。少し落ち着いてきたころであれば、お互いに気持ちよくやりとりができるのではないでしょうか。

 

胡蝶蘭を贈る

移転祝いにオススメしたいのは、お花や観葉植物などです。この場合、造花などは避ける方が良いでしょう。生命力に満ち溢れている生きたお花や植物の方が、受け取った方も快く感じるのではないでしょうか。お花の場合、お花のお世話に手間暇がかかるようなものよりも、世話が楽なものの方が良いかもしれません。こういったことを考えると、胡蝶蘭を選ぶ方が多い理由が分かります。

胡蝶蘭胡蝶蘭は、その見た目の豪華さや美しさはもちろん、お世話が楽なこともメリットです。それに、綺麗なお花を数か月間楽しめるといった良さもあります。また、花の匂いはほとんどありませんし、花粉も多くないですから、こういったところも多くの方に贈り物としてオススメしたい理由です。胡蝶蘭の花言葉は「幸せが飛んでくる」ですから、新しい場所でスタートする方にピッタリだと言えます。

胡蝶蘭はホワイトや黄色、紫、ピンクなど色々なカラーがありますし、大きさも大輪、ミディなど違いもあります。色に迷った時は、ホワイトを選んでみても良いでしょう。また、コーポレートカラーを選んでみたり、それに近いカラーを選んでみるのもオススメです。胡蝶蘭は、やはり存在感のある素敵な花。花言葉にもあるように、幸せが感じられる花です。

▽推奨サイト▽
http://orchid-style.com
胡蝶蘭専門店「ORCHID STYLE」のサイトです。


移転祝い移転祝いをしたい場合、せっかくですから受け取った方に気持ちが伝わり喜んでもらえるようなものを選びたいと思います。移転の場合、必ずこれでなければならないといったものはありませんが、注意したいこともあります。その一つに、「選びたいもの」ではなく「選んではいけないもの」があります。その中には、赤いものがあります。理由は、赤い色がどうしても火事をイメージさせてしまうからです。同じように、色だけでなくどのようなものであっても、火事を想像させてしまうようなものは避けることが必要です。例えば、ストーブやマッチ、ライター、灰皿なども不向きです。もし、何かお花を贈りたいと思ったら、その際も赤い色の花は避けるようにしましょう。

他にも注意したいことがあります。良かれと思って選んだとしても、相手の趣味に合わない場合もあるもの。同じように、仮に素敵なものであっても、置き場所に困ってしまうようなものもあります。一方的に、こちらの善意を押し付けてしまうことがないように、デザインやサイズなどには注意することが必要です。オススメしたいのは、あまり大きなサイズではないもの。そして、好みが大きく分かれてしまうようなものなどです。もちろん、確実に相手が喜ぶことがはっきりしているものであれば検討してみて良いでしょう。しかし、移転先がどのような場所なのか、どれくらいのスペースなのか不明な場合は、慎重になった方が安心です。当サイトは、移転のお祝いについて紹介します。